冠婚葬祭

今、ペット葬議が増えています。

最近、ペット葬をするご家庭が増えています。 一生懸命癒してくれた大切な家族。ずっと忘れたくない大切な思い出。 大切な家族だったペットが亡くなった時、ご家族にとってショックと悲しみはどんなに大きいかと。 けれども慌てずに落ち着いて対応してあ...
冠婚葬祭

喪中の相手に贈りものをしてもいいのですか?

この質問は、お客様よりよくある質問なんです。この質問をされる方の多くは、ほとんどの方が「忌中」と「喪中」をごっちゃにされています。つまり「忌中」とは、家にこもり、故人のために祈り、穢(けが)れを祓(はら)う期間とされています。結婚式やお祭...
歳時記

二十四節気とは?春夏秋冬のある日本ならでは感覚。

日本では、季節を春夏秋冬と4つに分け、各月を季節ごとに睦月、如月、弥生‥と呼び、さらにその月を季節感で2つに分け計24に分類しています。 これは、日本人の持つ繊細な感覚を現した独自の感覚なのでしょう。 二十四節気は節分を基準に...
冠婚葬祭

贈りものを通して、こころを贈るのが贈りもの。

その様子を見ていて、「こんなにも心を込めて選んでもらえる相手は、本当に幸せだ」と思えました。 それは「あなたのことを想って、ギフトを真剣に選んでいらっしやいましたよ」と、メッセージカードに書いてお伝えしたいくらいの出来事でした。 ...
冠婚葬祭

贈りもの文化ってお金が掛かります。

もうすぐ師走。 あっという間に駆け抜けた平成最後の年。つまり令和元年。 今年は色々とありました。 2月には母の死去。3月には義父の死去。 懸案になっていた、自宅の新築の引き渡し。 初孫の誕生。 冠婚葬祭...
出産

お宮参りはいつ行けばいいの?

お宮参りは、子供が生まれて初めて神社や仏閣に参拝し、お守りや数珠をいただいて子供の長寿、健康を祈る行事です。 お宮参りは、「初宮参り」「寺参り」「産明(うぶあ)け」「産土(うぶすな)参り」「産土詣(うぶすなもうで)」「産神詣(うぶが...
出産

紐銭(ひもせん)って?

「お客様が、ひもせんのことで聞きたいと言われているんですが。。。」「社長、お願いします。」「部長(33歳)は?」 「何のことか分からんと言われています。」 社長わらしの出番である。 関西では、お宮参りの際に...
結婚

結納の考え方

結納はしなければいけないの? 「娘の結納金のお返しは1割返し、半返し、お返しなし?」 「仲人を立てないで簡単に結納をしたいが?」 「海外で二人で挙式をあげるから、結納は簡単に、披露宴はしないと娘が言っているのですが?」な...
出産

出産祝いのお返しはどうすればいいの?

出産祝いに対するお礼は、「内祝い」として贈ります。 内祝いとは本来はお返しというより、字のごとく内なる祝いのことで、お祝いをいただいたかどうかに関係なく祝い事を独り占めにしない、内なる喜びをみんなで分かちたい時に贈るものでした。 従って...
出産

Q.「出産のお見舞いはいつ行ったらいいの?」

「出産のお見舞い?お祝いじゃないんですか?」と疑問に思われて当然ですよね。 出産というのは母親にとって命がけの行為です。 ですから地方によっては出産を知ると「出産見舞い」「出産お祝い」両方をするところがあるくらいです。 その実、私ども...
タイトルとURLをコピーしました