辛坊治郎 休校応援企画 中学1年生の英語講座始まりました!

サラダ館記念日

ニュースキャスター「辛坊治郎」氏の大ファンの社長わらしです。

どこが好きかと言えば、まず関西人であること。(枚方市在住)

歯に衣着せぬニュース解説を聞いていると胸がスカッとします。

見栄を張らずに、カプセルホテルに泊まること、夕食をラーメンで済ます等々をブログにアップ。

辛坊さん、お金はあるのだが、お金にはあまり頓着がないようだ。

また、難しい時事ネタを素人にもわかりやすく解説。

そして、軽くエッチぽいことを言って、人の興味を離さない。

かと言って、軽いかというとその裏には、並外れた造詣を持つ。

中学1年生の英語講座を開始。その第1回目。

そんな辛坊さんが

4月12日より

【辛坊治郎公式チャンネル】「辛坊の旅」の中で

《休校応援企画》として

中学1年生の英語を教科書に沿って教えていきます!

として、中学1年生の英語講座をユーチューブにアップ。

今回はその第1弾!

この動画は、主に学校休学中の中学1年生に英語の参考にしていただくものです。

もちろん、大人の皆様もお楽しみください。

小学生の皆様は、お父さんやお母さんに先に見てもらいましょう。(どうして?意味が分からない)

講座の最後に、その意味が分かりました。

中学1年生であっても、エッチなネタは大好きです。

親は、うちの子に限りと思っているだけなんです。

思い返せば、社長わらしも、中学1年生、2年生と社会を教えてくれた西山先生。

授業中は、笑いの渦でした。

品のない話あり、下ネタありの授業。

その時、教えていただいたことは今でも覚えています。

また、最近小学生に「うんこドリル」が売れているというのも、うなずけます。

品はないかもしれませんが、学習意欲は上がるようです。

そして、記憶に残ります。

辛坊さんも、そのことを分かっておられるのでしょう。

そのことよりも、

英語は、最初が肝心だといいます。

つまり、その授業が好きになること。

英語は中学1年生でつまづくとあと地獄ですから。

「英語は中学1年生でつまづくとあと地獄ですから」

と辛坊さんは自分の経験からいいます。

目標 45分×40回の配信とのこと。

時事用語の解説も!

英語の発音に自信がないという辛坊さん。

辛坊さんの周りで、英語のについては天下一品の

助っ人を探しました。

そのボランティアパートナーとして、登場したのが

なんとしゃべるジンベイザメと自称されている脇浜紀子さん。

着飾らない、阪神を応援するお姉さん(ニュースキャスター)と思っていたのですが

お聞きすると、その経歴に驚きです。

若いころオーストラリアに1年留学。

また、アメリカ合衆国の南カリフォルニア大学へ留学し、

コミュニケーションマネジメント修士号を取得。

帰国してからは、仕事をしながら、大阪大学大学院に通い博士号を取得されました。

2017年4月からは京都産業大学の専任教授に就任もしました。

それにしても、辛坊さんの人脈って凄いですね。

第1回講座を見ていると早速脱線。

「6はsix、iをeに帰るとsex」

「入国審査の用紙に書いてありますね」

「sex」「週3回とか(笑)」

「そのsexは性別という意味ですね」と脇浜さんがフォロー。

このような「辛坊の旅・中学1年生の英語講座」

ぜひご覧になって下さい。


笑顔つながるギフトはサラダ館におまかせ!
公式サイト: https://saladkan.com/

サラダ館能勢店

〒563-0353 大阪府豊能郡能勢町柏原1-23
受付時間:AM10:00~PM6:00
休業日:日曜日
TEL:072-734-4007

タイトルとURLをコピーしました