サラダ館園部店(京都)
京都府南丹市園部町本町16-1
受付時間:AM9:00~PM6:00
0771-62-0152

サラダ館能勢店(大阪・兵庫)
大阪府豊能郡能勢町柏原1-23
受付時間:AM9:00~PM6:00
072-734-4007

熟成肉「格之進」

HOME > 贈りもの > 熟成肉「格之進」

熟成肉「格之進」

肉食シニアが注目!

 
 

      「肉々おじさん」こと千葉祐士氏

 わたしたちは、「おじいちゃん」「おばあちゃん」という言葉を高齢の方に対して何気なく使います。しかし人生100年時代といわれる今、75歳なんてまだまだ若い。
 
 その代表格が、御年85歳、冒険家の三浦雄一郎さんである。もう一度エベレスト登頂するのが夢とか。超高齢社会が加速する中でも、高齢であることをみじんも感じさせない。それどころか若者以上にバイタリティに満ち溢れている。
 
 その原動力が肉であるとか。そんなこともあり、シニア世代が今、高級ステーキ店やスーパーに並ぶ牛肉に強い関心を寄せている。
 
 注目の的は、うまみが強く、柔らかい熟成肉や希少部位である「赤身は健康によい」という認識も広がり女性やシニアをひき付けています。
 
 そんな「肉食シニア」が、注目しているのが六本木の熟成肉焼肉店「格之進」だ。六本木を中心に13店舗を展開している。丸いメガネの肉肉オジサンこと千葉祐士氏が創業者。格之進は長男の名前を取った。
 
 最初から上手くいったわけではない。岩手で牧畜をしており、地元で産地直売ということで、安易に、焼肉店をオープン。ところがお客さんは全く来ない。
 
 仕方なく在庫の牛肉を食べる毎日。あるとき、古い牛肉が旨くなっていることに気づく。それが熟成肉発見の始まり。
 
 後でわかったことではあるが、肉の長期熟成でタンパク質が分解されアミノ酸などのうま味成分が増加。それ以降、毎日、肉との格闘。肉フェスタで3年連続優勝を果たす。
 
 言葉を失うような肉、未体験の美味しさが経験できる肉をめざす。(カンブリア宮殿より)
 
今、「格之進」は首都圏に13店舗を構える。
六本木にあるのは「格之進肉学校・六本木分校」だ。
となると、本校がどこにあるのか気になりますよね?

 その本校があるのは岩手県の一関市。廃校になった千葉さんの母校を利用し、本社とハンバーグ工場となっています。職員室は事務所に、校長室は社長室に、体育館はハンバーグ工場として利用されています。

 この「格之進肉学校」がある一関市川崎町の門崎で、「格之進」で提供されている「門崎熟成牛」は育てられているのです。
過疎化が進んでいく村を首都圏と繋ぐことで、農業を活性化し、地方創生の一歩としたい。そんな思いが、「格之進肉学校・六本木分校」には込められているのです。

 「格之進肉学校 六本木分校」に入学すれば、肉の魅力にハマってしまうはず。日本の食の未来に思いを馳せつつ、門崎村の牛肉をじっくり味わってください。
 

そんな「格之進」カタログギフトが登場です


いつも迷うのが高額な贈りもの

 

商品券では失礼だし、気に入ってもらえるかも不安だし。

めったにない3万円以上の贈りもの。
あなたなら何を贈るでしょう?
 

そんなとき、カタログギフト格之進が登場しました


 

<塊肉パワーアップ>

塊焼き

塊肉を冷燻することにより、より芳醇な薫りを引き出しました。
肉のポテンシャルを最大限底上げするための新境地
パワーアップした塊肉「薫格塊肉」の深い味わいをぜひ一度ご確認ください
 

価格は3コース 

30800円(税抜)コース  カタログ名 魅×格〈mikaku〉
10800円(税抜)コース  カタログ名 美×格〈bikaku〉
  5800円(税抜)コース  カタログ名 旨×格〈shikaku〉
 
 


 

<格之進ハンバーグ>

ハンバーグ「格之進」

地元への思い! 

 
 
 

岩手県一関市にある格之進本店「丑舎」を訪ねると入り口に「一関と東京を食で繋ぐ」と毛筆の額がかかっている。それは格之進社長千葉祐二氏の直筆によるものだ。そこには、田舎の畜産農家、農業を救いたいとの理念を感じ取ることができる。
 
 そこで目を付けたのがハンバーグだ。社長千葉は、ハンバーグは肉の小宇宙だという。中には、肉があり、牛乳があり、パン粉があり、卵があり、豚肉が入っている。
 
それらは、すべて地元で調達できる。
 
極めつけは、地元米「ひとめぼれ」で米麹を作り、それから作った塩こうじ。格之進のハンバーグが旨いのは、この隠し味自家製「塩麴」のせいである。
 
ハンバーグ工場は、廃校となっていた自分の出身門崎小学校を借り受ける。
夢は世界進出という。
 

「思想家が育てる和牛」

 
それぞれの素材には生産者の想いがつまる。儲けと美味しさのどちらを追求するのか。生産者は思想家であり哲学者だと千葉さんはいう。
 
考えたことや思ったことが結局カタチになっていく。牛だったら牛の形になっていく。それだけに千葉さんの熟成肉には、信じられないほどの手間がかかっている。
 
そう考えたときに私達消費者は「思想家」にリスペクト(尊敬の念)を持つべきである。(ガイヤの夜明け:村上 龍)。
 


格之進カタログギフト
3コース


30800円(税別)コース
コース名[魅×格] 
10800円(税別)コース
コース名[美×格]
5800円(税別)コース
コース名[旨×格]
 

格之進ハンバーグ
熟成肉


 
【格之進】
3種のハンバーグセット(6個)
4968円(税込)
【格之進】
門崎熟成肉 塊焼き用
塊肉(赤身&霜降り)
9720円(税込)
 
  【格之進】
門崎熟成肉
焼肉用塊焼き
おもてなしセット
11880円(税込)
【格之進】
門崎熟成肉
焼肉用カルビ
(250g)
4320円(税込)
【格之進】
ヤケテルハンバーグ
(6個)
4818円(税込)