岡山県産の白桃は、どうして高級フルーツと呼ばれるのか?

お中元

岡山県といえば、桃太郎。

その昔「吉備の国」と呼ばれていました。

桃太郎の「お腰につけた吉備団子、一つ私に下さいな」の吉備です。

桃太郎だから桃というわけではないのでしょうが、今ではすっかり有名になった岡山県の桃づくり。

そのはじまりは、明治初期にまでさかのぼるといいます。

当時、中国から入ってきたのは「上海水蜜」「天津水蜜」

それから、本格的な桃づくりが行われるようになりました。

そんな桃作りの過程で明治34年に大久保重五郎が、「上海水蜜」を改良した「白桃」を作り上げました。。

岡山県は、桃づくりに適した温暖な気候にも恵まれています。

しかし、それ以上に熱心な先人たちの手により改良・開発が続けられ今までに30品種以上の桃が誕生したのです。

白桃は、ほかの生産地では見られない白さときめ細やか口あたりであっという間に岡山の名産になりました。

岡山の桃はなぜ白いの?その「白さ」の秘密とは?

岡山の桃の一番の特長は、その上品なまでの「白さ」です。

この白い皮の秘密は、岡山ならではの「袋掛栽培」。

まだ桃の実が青くて小さく育ったときに、その実一つ一つに手作業で袋をかけていきます。

それは、たいへんな作業ですが、その実は太陽の光を直接浴びません。

ですから、桃は赤く色づかず、透き通るように白くてなめらかな口あたりの桃に育つのです。

袋掛栽培のメリットは、それ以外にも桃を傷つける風や雨、虫などからも桃を守るためでもあるのです。

だから、より美しい桃が育つわけですね。

農家の方達が、ひとつひとつ丁寧に袋を掛けていき大事に育てられて作られる「白桃」。

自分の子のように、一つ一つ手塩に掛けるように育てているのです。

その袋の種類一つをとってみても、色や紙質なも色々と工夫がされていて様々なんです。

袋掛栽培は、長い間の研究を重ね、先人たちが工夫に工夫を重ねてきた「伝統技術」とも言えるわけですね。

白桃がどうして高くて「高級フルーツ」といわれるかを分かっていただけたかと思います。

岡山の桃の品種と旬を迎える時期はいつ?

現在では、白桃を元に開発された派生品種が多数あります。

・浅間白桃(あさまはくとう)

・黄金桃(おうごんとう)

・岡山夢白桃(おかやまゆめはくとう)

・加納岩白桃(かのういわはくとう)

・川中島白桃(かわなかじまはくとう)

・清水白桃(しみずはくとう)

・白鳳(はくほう)

・紅清水白桃(べにしみずはくとう)

・日川白鳳(ひかわはくほう)

・大和白桃(やまとはくとう)

等々

それぞれの品種により、出荷時期が異なります。

桃の出荷時期は、6月下旬から9月の20日まで。

その中でも岡山県で生産されている代表的な桃の品種を収穫順に紹介します。

 岡山県産の代表的「白桃」の品種は?

日川白鳳(ひかわはくほう)

6/26~7/5頃に収穫します。

白桃の中でも一番早く収穫される早生桃の一つです。

関東のお中元として贈られる方にオススメです。

加納岩白桃(かのういわはくとう)

7/1~7/15頃に収穫します。

果汁たっぷりで甘みも強い早生桃の一つ。

やわらかく、ち密な果肉で、果汁たっぷりの甘みの強い品種です。

白鳳(はくほう)

7/10~7/30頃に収穫します。

酸味が少なく甘い果汁がたっぷり。

特に岡山の白鳳は、乳白色でち密でやわらかな食感が人気の品種です。

清水白桃(しみずはくとう)

7/25~8/10頃に収穫します。

岡山市一宮(清水)で誕生した清水白桃。

甘美な香りと、上品な白い姿、そして甘みが強く、とろけるような口当たりが魅力です。

おかやま夢白桃(おかやまゆめはくとう)

8/1~8/15頃に収穫します。

岡山生まれの大玉・高糖度のオリジナル品種。

岡山白桃の次世代を担う食味良好な桃として生産拡大が進んでいます。

川中島白桃(かわなかしまはくとう)

8/5~8/20頃に収穫します。

大玉ながら糖度が高く、果汁も多い晩生桃。

しっかりとした食感も魅力的な品種です。

白麗(はくれい)

8/5~8/20頃に収穫します。

岡山白桃の終盤を飾る白桃の流れをくむ白麗。

豊かな甘みと、良好な肉質で、渋味が少ない果汁たっぷりの品種です。

黄金桃(おうごんとう)

9/1~9/20頃に収穫します。

桃シーズン終盤の9月頃から収穫の始まる黄金桃。

その名のごとく鮮やかな黄金色の桃です。果実は大ぶりで、安定した食味の品種です。

岡山県の白桃ができるまで

▲ 1.開花期(4月上旬頃)

冬の寒さに耐えた桃は、春の訪れととも段々とその芽をふくらませ、サクラが咲く前の3月下旬~4月頃。

モモは、白や赤、ピンクの花を咲かせます。

つまり、冬から春にかけてウメが咲き、次にモモが咲いてサクラが咲きます。

実を楽しむ実桃は、桜に似た一重のものが多く、花桃は八重桜に似ているのが特徴です。

満開を迎えた桃産地はまさに「桃源郷」といえる優雅な情景となります。

▲ 2.人工授粉

モモの品種の中には、自らの花粉で結実する品種もありますが安定生産のため人工授粉が必要となります。

これがまた、大変な作業。

まず、人工授粉用の花粉取りです。

花が開いてしまうと、花粉が飛んで行ってしまいますし、つぼみが小さくても花粉が少ない。

ですから、つぼみが開くぎりぎりの状態を見計らって採取していきます。

花が咲いているものもあれば、つぼみが小さかったり、大きかったり。

すべて揃っているわけではないので、選別しながらの作業となるので大変です。

おまけに、手を伸ばしてずっと上を向いてする作業。

肩や首がパンパンになります。

▲ 3.摘果(てきか)

花粉の採取が終わると、今度は摘花です。

花粉採取で蕾の数が減りますが、それでもまだまだ多いので、いらない花を落としていくのです。

樹ごとの着果量や成熟期までの葉の枚数・日当たりに応じて余分な果実を取り除く「摘果」という作業。

摘果は、そらぞれの品種や年々の天候に応じて実施時期や取り除く量が変化するという細心の注意が必要なのです。

美味しい桃を安定して生産するために欠かせない作業です。

▲ 4.袋掛け

岡山の桃を白く上品な外観に仕上げるために欠かせない作業が袋掛け。

まだ青い小さな果実に一つ一つ手作業で丁寧に果実袋を掛けていきます。

たいへん手間のかかる作業ですが、太陽からの光を直接浴びないことから、上品な白さが生まれます。

風や病気・害虫などによって傷つくことを防ぐ作業です。

袋一つをとってみても、色や紙質など種類もさまざま。

岡山の袋掛けは、長い間の研究を重ね、先人たちの工夫に工夫を重ねた「伝統技術」とも言えます。

▲ 5.収穫

順調に熟した桃は、上品な甘みと白く美しい外観を兼ね備えた桃となります。

ただし、収穫時期を迎えた岡山の桃は大変デリケート。

農家の皆さんはモモの外観や食味、袋の上からわずかな感触など様々なポイントから収穫適期を判断し、一つ一つ丁寧に収穫します。

まとめ:サラダ館能勢店の推奨ギフトの「白桃」

白桃が、よいというのはよくわかりました。

それでは、どの白桃がいいのですか?

当店でおススメするのは、下記の2点です。

岡山県玉島産白桃「白鳳」(秀品)

一般的な白桃の大きさは、1玉およそ260g程度。

これでも十分な大きさですが、当店岡山県玉島産白桃「白鳳」直送便は、多少前後はするものの、平均およそ330gほどもある大玉なんです。


   昨年お取り寄せした岡山県玉島産白桃「白鳳」


岡山県産フルーツは、「赤秀」→「 青秀」 →「 優」→「 良」…とランク付けされます。

当店の白桃は、「赤秀」の品をお届けします。

白く美しい容姿と、みずみずく甘い果汁、緻密でとろけるように滑らかな肉質。

上品で高貴な香り漂う岡山が世界に誇る「白桃」。

1年間のうちでわずかしかない白桃のシーズン。

そんな中、代表品種の中でまず最初に登場するがこの「白鳳」です。

当店は、契約生産農家さんから直接手配させていただいております。

ですから、数量限定ですのでご了承下さい。

酸味が少なく、上品で甘い果汁、清水白桃にも劣らない滑らかな肉質と上品な香りを併せ持つ「白鳳」。

この白鳳が市場に登場すると、白桃シーズンの到来を実感します。

さぁ、迷いたいけど、迷っているとあっと言う間に過ぎ去ってしまう白桃シーズンの始まりです。

肉厚の果肉と、溢れださんばかりのジューシーな果汁がたっぷりと詰まっています。

この美味しさ、食べ応えは大玉ならでは。是非お召し上がりください。

※「6玉入り」と「12玉入り」を準備しております。

↓ 岡山県玉島産白桃「白鳳」詳細ページはこちらから

岡山県玉島産白桃「清水白桃」

同じく、一般的な清水白桃の大きさは、1玉およそ260g程度。

これでも十分な大きさですが、当店岡山の県玉島産白桃「清水白桃」直送便は、多少前後はするものの、平均およそ330gほどもある大玉。

岡山を代表する桃の品種と言えばやはり『清水白桃』。

清水白桃は別名「桃の女王」としても有名ですが、なぜそのように呼ばれているのでしょう?

理由のひとつに、見た目の美しさにあります。

清水白桃は表面が乳白色をしていて、完熟してもほかの品種のようにあまりピンク色にはなりません。

上品な色合いにきれいな丸形が特徴的。

ひとつ当たりの重さが約330gの大玉です。

「桃の女王」と呼ばれる理由は味にもあります。

清水白桃は高貴な甘い香りがして、食べると果汁がこぼれおちるほどのジューシーさ。

酸味が少なく、上品な甘みは極上のおいしさです。

いわば優良品種中の優良品種。

では何故清水白桃が岡山を代表する優良品種かと言えば「お中元需要の時期に出荷時期がピッタリ合う」

みたいな理由もあるけれどやはり味の部分です。

『大玉』『甘さ充分』『とろける果肉』『滑らかな姿』そして最大の特徴『高貴な白桃香』

それらすべてが高次元でバランスしている『清水白桃』は、やはり岡山の数々の桃のなかでも一頭地を抜く最優良品種だと思います。

だからお客さまからも「美味しかった!」との嬉しい声をたくさんいただきます。

また、「甘露とはまさにこのこと!」との驚きの声もいただきます。

もちろん、当店の白桃は、「赤秀」の品をお届けします。

※「6玉入り」と「12玉入り」を準備しております。

↓ 岡山県玉島産白桃「清水白桃」詳細ページはこちらから



関連記事
あなたは、ピオーネとシャインマスカットどちらが好きですか?

夏の素麺! あなたは「三輪素麺」派?「揖保乃糸」派?「小豆島素麺」派?


笑顔つながるギフトはサラダ館におまかせ!
公式サイト: https://saladkan.com/

サラダ館能勢店

〒563-0353 大阪府豊能郡能勢町柏原1-23
受付時間:AM10:00~PM6:00
休業日:日曜日
TEL:072-734-4007